地盤調査の流れ・料金表・地盤保証のご案内

調査の流れ

地盤調査の準備

調査申込書送付 (FAX)

調査日程の調整

現場調査実施・ 地盤データ解析

調査結果送付

基礎施工 (着工)

料金表

1:地盤調査価格
新築・戸建住宅一般用(地耐力調査)

内容 調査標準価格
地耐力調査(地盤支持力+沈下特性)
地層ごとの支持力(単位:kN/㎡)、および、建物が建ったときに予想される沈下量(単位:mm)
¥60,000
¥64,800(税込)

・全国対応可能です(ただし、島しょ部および北海道全域は別途交通費を申し受けます)。
・1宅地:5ポイント測定(予定建物配置の4隅+中央部)
・測定ポイント追加の場合、+¥10,800(税込)/1箇所
・調査場所(急傾斜地など)や調査地の状況(除草・除雪が必要な場合など)によっては別途料金を申し受けます。
・地盤保証制度がございます(別途保証料を頂戴いたします)。

2:同一物件の再調査価格
新築・戸建住宅一般用 支持力調査(単位:kN/㎡)

内容 再調査価格
地盤改良工事後の支持力計測が必要な場合や、建物プラン変更・盛土工事などの理由により、一度弊社が調査した物件を再度調査する場合の価格です。 ¥35,000
¥37,800(税込)

弊社において表面波探査で一度地盤調査を実施した物件に限ります。

地盤保証のご案内

宅地地盤保証「安住」

すべての保険法人の住宅瑕疵担保責任保険と組み合わせできる10年間の地盤保証

NPO住宅地盤診断センターによる保証(沈下修正工事:限度額2,000万円)

100%引渡し日より満10年間

※着工後は地盤保証のお申込ができませんのでご注意ください。

表面波探査試験の結果に基づいて適切な基礎の設計施工を行なったにもかかわらず、
不同沈下が発生し建物に障害が生じた場合、建物と地盤の修復を行ないます。

・地盤調査は表面波探査で行ない、地盤支持力・沈下量計算・基礎判定をビイック(株)で行ない、基礎考察書にのっとって工事を行なったものが保証対象となります。
・保証申し込みは地盤調査申し込みと同時にお願いします。
・転圧地業写真集(掘削~転圧地業~砕石地業までの一連の写真)をご提出いただき、チェックを行ないます。
・地盤対策工法、地盤改良工事については工事報告書の提出と施工後の確認検査(表面波探査による再調査)が原則として必要となります。

(延床面積300m2迄の住宅)
地盤保証料:¥25.000
¥27.000(税込)

住宅保証機構株式会社 地盤保証制度 ご希望の方
まもりすまい保険 オプション 地盤保証制度

「まもりすまい保険」ご利用の方は、オプションとして、「地盤保証制度」にご加入できます。
基礎着工日より保障開始。保証期間満了日は建物引渡し日より満10年経過時です。

<保証対象>

●不同沈下の再発を防ぐために必要な地盤補強工事 ●不同沈下が原因で発生した建物本体の不具合 ●仮住居費用 ●その他、身体、財物にかかる倍賞費用

プラス期間10年間 100%保証

基礎着工完成・引き渡し引渡より満10年

※着工後は地盤保証のお申込はできませんのでご注意ください。

・地盤保証料は、「まもりすまい保険」保険料とは別に、住宅保証機構(株)が定める登録地盤会社(当社)にお支払いいただきます。
・地盤調査費は別料金です(表面参照)。
・地盤調査報告書の「基礎考察書」に従って地業・地盤改良・基礎施工を行なっていただく必要がございます。

地盤保証料:¥25,000
¥27,000(税込)

表面波探査 地盤調査申込書ダウンロード

「安住」地盤保証書発行申請書ダウンロード

TEL:0274-70-7075 FAX:0274-70-7076CONTACT US